スポンサードリンク

2016年02月17日

確定申告 書等作成 金額等

確定申告を青色申告という方法で行えば、その年の赤字を翌年以降に繰越せます。例えば1年目が赤字で、2年目が黒字だった場合、1年目の赤字分を2年目の費用として繰り越せます。これはとてもありがたい制度です。私も個人事業主として1年目の赤字をこの仕組みを利用して翌年に繰り越しました。おかげで節税になりました。私は元々経理の仕事をしていて簿記もできたので自分で処理しました。

「青色申告っていわれても何やればいいかわかんない!」と思ったら税理士にお金を払ってやってもらうのもよいかと思います。お金を出すだけの価値がありますよ。住宅ローンや自動車ローンといった一般的なローンを申し込むときに必要になってくる所得証明があります。会社員の場合ですと、年末調整が終わった後にもらえる所得税の源泉徴収票がこの証明にあてはまります。個人事業主やフリーランサーの場合は、収入を証明するために確定申告をして市役所などから所得証明を発行してもらう必要があります。確定申告の提出期間中は税務署がものすごく混み合います。

特に3月に入ってからは確定申告の提出やら相談やらで人がごった返しています。スムーズに手続きを済ませるのであれば、早めに準備をして2月中には提出を済ませてしまうのが賢明です。仕事が忙しくて税務署まで提出に行けない方や、書類の作成に慣れていて不備がないと思う方は郵送で提出も可能です。私は税務署の営業時間外に税務署の前に置いてある提出用ポストに投函してきました。


posted by 確定申告 用紙 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 書等作成 金額等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

確定申告 毎年 所得税額

青色申告のメリットは色々とありますが、一番インパクトが大きいのが青色申告特別控除です。青色申告特別控除を受けるには確定申告の際に、複式簿記形式で帳簿を作成し、申告書類の貸借対照表も完成させておく必要があります。しかしそれだけ用意すれば65万円も控除が受けられます。パソコンの青色申告ソフトを使うのもいいですし、税理士の力を借りるのもよいですので、チャレンジするのがよいかと思います。第五表は、確定申告を提出後に申告内容の間違いがある場合や所得税の額が増えるときに使います。修正申告と呼ばれる手続きになります。

個人事業主が申告書B以外に提出しなければいけないものがあります。個人事業主は青色申告者であれば、青色申告決算書を提出する必要があります。また白色申告者であれば、収支内訳書の提出が必要です。これらの書類は売上・経費・所得などをまとめた内容になり申告書Bの根拠資料にもなります。しっかりと作成しておきましょう。確定申告書には大きく分けて2つの様式があります。

それぞれ申告書Aと申告書Bです。申告書Aは給与所得、雑所得、配当所得、一時所得のみの方が使う申告書です。サラリーマンが住宅ローン控除をする際や、公的年金を受け取っている方が医療費控除をする際などに使われます。個人事業主やフリーランサーの所得は事業所得にあたるため、申告書Bを使います。
posted by 確定申告 用紙 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 毎年 所得税額 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

確定申告とは 個人事業主

確定申告の申告書Bは第一表と第二表と添付書類台紙がセットになっています。複写式の二枚組になっている第一表と第二表は全ての人が提出するものになります。複写の1枚めが税務署提出用、2枚目は自分の控えになります。2枚目の自分の控えには税務署提出時に受け取り確認印を押してもらいましょう。郵送で確定申告をする場合も、必要な切手を貼った返信用封筒と一緒に控えの申告書Bも同封しておくと、受付印を押して返送してくれます。必要に応じて第三表から第五表までも記入して提出しましょう。

それぞれの用途は以下の通りです。第三表は株主の売買益についての分離課税される所得がある場合に使います。第四表は青色申告者で事業が赤字の場合に翌年以降に繰り越すために使います。ここでいう赤字というのは以下のいずれかのケースです。単純に所得金額が赤字になっている。災害や盗難によって資産に損害を被り、雑損控除として所得金額から差し引くと赤字になっている。

前年からの繰越損失額を控除すると赤字になっている。納税額とは、課税所得に定められた税率を掛けたものです。基本的には課税所得が大きくなればなるほど納税額も大きくなります。申告納税額とは、納税額から住宅ローン控除や医療費控除などの税額控除を直接差し引いた金額です。ここで求められた金額を確定申告の提出と同時に税務署に納付します。
posted by 確定申告 用紙 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告とは 個人事業主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告 用紙」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。